夏,乾燥肌

夏の疲れた肌は乾燥肌になりやすい!

夏もそろそろ終わりが近づいてくると、お肌の疲れも目立ってきます。夏場は室外と室内の温度差やエアコンによる乾燥、強い紫外線などによって、お手入れをしていても肌はダメジーを受けています。夏の疲れた肌は、お手入れを見直して、乾燥肌になるのを防止しましょう。

1.夏の肌はお疲れ気味

夏は何かとイベントごとで野外で過ごすことも多くなります。そんなときの紫外線や、室内に戻った時の気温差、エアコンの風など、夏はお肌にとっては負担になる要素がたくさんです。

夏場の暑い時には、汗も隠し、皮脂でべたべたすることも多いかもしれません。そうすると、ついつい保湿ケアをサボってしまうこともあります。ところが、いくら表面は汗や皮脂でテカっていても、肌の内部は水分不足になっていることもよくあるのです。

2.肌は水分と油分のバランスが大事

肌を健康で美しい状態に保つためには、水分と油分のバランスが大切です。肌の皮脂量が多く、てかてかしている人は、肌内部の水分が足らないら、それを補おうとして皮脂を多く分泌している可能性もあります。

肌がテカっている人ほど、普段の保湿ケアをきちんと行っているか見直してみましょう。

乾燥肌におすすめな美容オイル

3.夏のお疲れ肌放っておくと乾燥肌に

夏、ダメージを受けた肌は、バリア機能が弱くなっています。そのまま放置しておけば、あっという間に乾燥肌になってしまいます。

ですから、夏の終わりには、集中的なスキンケアが大切です。疲れた肌をしっかり休ませて、栄養補給しましょう。

4.まずは洗顔の見直しから

スキンケアの基本は洗顔です。汚れや余分な皮脂をきちんと落とすことが大切です。洗顔の際には人肌程度のぬるま湯を使用しましょう。

夏の終わりの肌は、ターンオーバー機能が低下しているものです。週に1回程度のピーリングやパックを行うことで、古い角質を除去し、肌の新陳代謝を正常に近づけることができます。ただし、ピーリングやパックは、お肌にとっては負担になりますので、週1回以上の頻度で行うのはお勧めできません。

5.洗顔後は丁寧な保湿ケア

洗顔の後は、お肌は乾燥した状態です。化粧水でしっかり保水してから、乳液や美容液を使ってお肌に水分を閉じ込めます。

できれば、セラミドやプラセンタなどの美容成分が配合されたものを使うとより効果的です。

6.規則正しい生活とバランスの良い食事を

肌は内側からのケアも大切です。規則正しい生活習慣は、自律神経のバランスを整え、肌の調子を良くしてくれます。また、野菜中心の食事で栄養バランスのとれた食習慣を心がけるようにしましょう。

夏の疲れた肌をしっかり癒して、秋冬の乾燥にも負けない肌作りをしたいですね。