「健康」カテゴリーアーカイブ

ひざが痛いという悩みは40代以上の女性に多いのはなぜ?

何故、40の女性にひざが痛い方が多いのかは、やはり筋肉低下です。

昔は20代~30代でしたが今や高齢化や女性が仕事場に出れる環境になって、結婚して妊娠したりして、子どもの世話が忙しくなって、運動不足になりがちになります。

ひざが痛いというのも筋力不足や妊娠中にお腹が出て姿勢の変化が出てきて筋肉の付き方が変わってきます。

40の女性は家事や仕事で忙しい中、妊娠などの身体の変化もあり、とくに身体をささえるひざに痛みが出てきて、「ひざが痛い」と言って病院に行きます。病院に行ってもシップをもらうだけが多いです。その対応に40の女性はイライラしがちになりまたその心理的ストレスが痛みになりひざが痛いという流れになりがちです。

そのような女性には一番手軽でよいのがウォーキングです。会話しながらでも出来るので、友達を誘ってウォーキングするとよいと思います。

しかし、天気が悪いと気圧の関係でひざの痛みが悪化しがちになり、ストレスも溜まり痛みが出やすくなるので、そのような日は無理せず休むようにしましょう。

無理すると痛みが出やすくなります。痛みを取るのは難しいもので、身体的にきている痛みや心理的にきている痛み、身体的と心理的2つきている痛みのあります。

「お医者さんと話しているうちに痛みが無くなった」という方は、心理的な痛みは「誰かに(特に信頼できる医者に)話しているうちに痛みが軽くなった。」という方、身体的な痛みは「薬が効いて痛みが取れた」という方、身体的と心理的にきている痛みの方は、「お医者さんに話していると痛みがちょっと良くなって少し動いたら痛いという痛みを薬などで取って痛みが軽くなった」という方です。

結論、自分で出来ることは、「ストレスをためないように友達と楽しい会話(心理的)をしながら身体を動かすウォーキング(身体的)をしていく」と「ひざ痛」がなくなってくると思います。

女性特有の腰痛や冷え性、のぼせなどに効果的な医薬品「ロスミンローヤル」